株式会社 九州パイリング

パイリング施工作業の流れ piling process

現場調査~受注まで

1.建設物の資料確認

図面や所在地図等出来るだけ詳しい資料を揃えます。

2.現場調査

築物の規格、荷重、周辺環境や地盤調査による地盤の粘着力を割りだして「軟弱地盤における周面支持杭‐底盤系の支持機構」の考えに基づき検討し計算します。 より安全で、より経済的な提案を行います。

3.現場視察

4.パイリング設計を基に見積りを作成

5.発注者へパイリング設計内容と見積り内容を説明

6.受注後、工程を確認し施工班と打合せ

※施工上の問題点を提示し、発注者とじゅうぶん協議し、ベストな現場づくりを目指します。

 

パイリング施工

1.木杭、トップコンクリートの等の材料検収

木杭、トップコンクリート等の材料が最良の状態であるかチェックします。



2.オーガ先杭

木杭打設時の振動や騒音を軽減し、確実に杭を垂直に打設する。また残土を地表へ 上げないよう先杭作業する。



3.木杭建込、鉛直確認

鉛直を確認しながら杭を打ちます。振動、騒音を防ぐ為にスチールキャップを使用しています。


 

4.トップコンクリート建込及び打設

木杭を含水量の多いところまで打設するためトップコンクリートを接続します。



5.現場載荷確認

当初設計、提案どおりに杭の支持力が得られているかを確認します。